スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで打ってみよう

昨日の対戦から。

不運な放銃の連続で、ラス前に残り400点の崖っぷちから執念の一人テンパイでどうにか3400点
としてリーチはかけれるようになったオーラス。
しかし、最低条件は下家からハネ満直撃が必要という、厳しいというかほとんど無理ゲーな状態。

こんな「回線切り乙w」な配牌からのスタートですが・・・。


1112201.jpg


ひとまず構想としてはタンピン系は無理っぽいので、国士とか四暗刻だのを夢見ながら、だめもと
でさくさくと打っていこうと考えてました。回線切ってもいいんですけど、けっこうぼくはしつこいんで。
一応は最後まで自力で打ち続けるタイプです。
自分がダメでも他の誰かが役満打って死んでくれるかもしれないしねw






1112202.jpg


そこそこ見れる手にはなってきたところで、無情にも下家からのリーチが・・・・。
もはやここまでか・・・(´・ω・`)





1112203.jpg

だいたい諦めモードでしたけど、ここで執念のテンパイ。これで下家直撃できればミッションコンプ。
下家さん!お願いだからラス牌の白 を一発でつかんで!





1112204.jpg


これはさすがにできすぎ。予想以上の結末に久しぶりに自分でも驚きましたw




1112205.jpg


三倍満ツモなんて予想結果に入れてなかったんで、トップまくったか?と思いましたが、これって
西入りなんですよね。(次局、さくっとアガってトップ終了できました)

やっぱりこういうこともあるんで、最後まで回線切りせずに打ってみるのが面白いですね!
牌譜も貼っておきます。(*´ω`*)

http://tenhou.net/0/?log=2011121923gm-0029-0000-b57f03ec&tw=0






スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。