スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチンコ麻雀道スペシャル対局

先日お知らせした通り、土曜の夜はガチンコ麻雀道に参加してきました。

結果はテンテンさんがダンラスからの猛追で4万点以上を叩いて大逆転でトップ、skynetはギリギリ
で3位w展開としては真琴さんがトップ目を走っていってテンテンさんがラス目、私としーらさんが
スキを探しつつ真琴さんを追いかける、そんな感じでした。

一応自分の感想ですが、いくつか疑問手は打ったものの決定的な誤打はなく、まずまず普通の
調子で打つことができたと思います。(^ー^)
周りががっかりするようなひどいミスが無かっただけでもよかったかな、とw
あとはこのメンツ相手に18局・放銃ゼロでいけたのも落ち着いて打てた成果だったことにしておきたいと思います。
(ホントはただ逃げてただけなのかも)

対戦での反省点をひとつ載せてみたいと思います。
ラス前のテンテンさんの親、sou3.gif を引いてとりあえずテンパイ形となった場面。


119.jpg

この時点で、skynetには安手であがる気は全くなかったのでテンパイとらずとしたいところですが、
狙いとしてはタンピンで赤を引いてのリーチ、または234の三色までいきたいと思い打sou1.gif のカリテンに。

しかしこれはミスですね。ここはひとまずsou2.gif を切っておくべきでした。
迷ったところでしたが今よく考えてみても
sou1.gif切りはミスチョイスだったと反省。





120.jpg

sou2.gifを切っておけばここでテンテンさんの を捕まえていましたね。
オーラスは苦しくなりますが、上昇中の親を続行させるリスクとの兼ね合いを考えればこの局は
多少安くてもあがっておくべきだったのかもしれません。
メンツレベルを意識しすぎてオーラスで少しでも優位に立ちたい気持ちが強すぎたようです。

逆にこの対戦で、唯一うまく打てたと思った場面が下の局面です。


121.jpg

独走態勢に入りつつある真琴さんの先制リーチが入った東ラス。
ここで真琴さんの切ったpin7.gif を間髪いれずに仕掛けました。




122.jpg
ドラ近辺をうまく使いきっての満貫ツモ。偶然のあがりとも言えますが、ここはうまくあがれたんじゃないかと
思いましたw
「なぜ567ではなく678で鳴くのか?」という質問が牌譜検証で出ましたが、ここで567で鳴いてしまうと
テンパイ時に2pや5pが出ていってしまいます。ここはドラスジを絶対に切る気はなかったので
678で鳴きました。

狙いとしてはドラを使っての満貫(7700)ですが、押すことは押しますがドラで打ったら致命傷
なのでとりあえずドラスジだけは勝負しない方針ということですね。


(ちなみにこの手牌でもし pin2.gif
pin5.gifを引いたらpin4.gif 切りでシャボにします)


全般に高レベルな相手3人だったので、全員が他家の狙いをほぼ把握している状態が常に続きます。
常に他家全員を見ながらの攻防はかなり神経使いましたねw
みんなほとんどミスしない相手な上に押すときはキッチリ押してくるし、中途半端なオリや無駄にダマに
したりはしないので攻撃も防御もスキがないです。たまたま3位でしたけど、このメンツで100回
打ったら半分以上ラスりそうな緊張感がありましたw

神経使うので何度も連続では打ちたくないですが、たまにこういう卓も楽しいですね☆
対戦してくれた真琴さん、しーらさん、テンテンさん、そして観戦・牌譜検証に参加してくれた皆さん、
どうもありがとうございました。(^-^)ノシ







スポンサーサイト

RON2の鳳凰卓?

桃太郎さんのブログで告知されていますが、今度の土曜日21:00からガチンコ
麻雀道スペシャル企画(?)として超豪華なメンツによる特別対局が開催されます。
観戦自由ですのでRON2愛好家の皆様はぜひRON2最高峰の闘いを見に来て
欲しいと思います。

参加メンバーは以下のプレーヤーです。

=しーら=さん(五段・R2217)
真琴14歳さん(四段・R2182)
@テンテン@さん(三段・R2040)
 
skynetさん(段位なし・R1700くらい)

どうですか、この超豪華メンバー。いずれ劣らぬ鉄板強者3名(とその他1名)の
スペシャル対局。これは絶対見逃せないイベントといえるんじゃないでしょうか。

今夜はskynetが各プレーヤーの印象・打ち筋などを簡単に紹介してみたいと
思います。 ※あくまでもskynetの個人的な印象です

=しーら=さん・・・・RON2唯一の五段到達者にして常にRランキング上位を
             キープする鉄板強者です。スタイルはバランス型ですが
             放銃紙一重まで攻める攻撃的な麻雀が持ち味。

真琴14歳さん・・・・14歳などという名前に油断すると確実に狩られること
            間違いなし。的確な牌効率と冷静な判断力を兼ね備えた
            堅実な麻雀が印象的です。

@テンテン@さん・・・常にギリギリまで攻め続ける攻撃的な麻雀の陰にある
             的確な場況・展開読みは実戦派の経験の為せる業か。
             道場主体で打てば最低四段は間違いなしの鉄板強者です。

skynet さん・・・・・いつものオリ打ちがまたも炸裂するのか?場を壊さないようにおとなしく
           できるかどうかに注目してあげてください☆


こんな感じでしょうか。こんな恐ろしいメンツに囲まれるskynetさんが可哀そう
な気がしますが、これも偉そうにブログで俺TUEEE!していた報いなのでしょう。
日ごろの行いがこういうときに跳ね返ってくるものなんですね。分かります。
だいたいこの3人と打って勝った記憶ないです。狩られた記憶はありますけどw

もう今からすでにおなかが痛いです・・・ (´;ω;`)ブワッ



ガチンコ麻雀道に参戦しました

昨夜はガチンコ麻雀道に参加しました。
牌譜検証では指摘されませんでしたが、個人的に一番心に残ったのが以下の場面です。



86.jpg


東三局、トップ目のユウさんに5200放銃した場面ですが、まあいつものオリ打ちですねw
この局は、下家の桃さんから6巡目にリーチが入り私はベタオリ開始。順調に(?)オリて
いましたが終局間際に手詰まりで放銃してしまいました。

当然、ユウさんに6mは危険なことは承知していましたし、暗刻の6mはユウさんの最終手出し牌
の東を見て切らずに抑えておいた最後の牌です。
この時点で私の思考としては、

1.リーチしている桃さんはリーチまで全て手出し。たぶんタンピン系のまとまった手で
  5-8p本線だが他の中張牌も危険。
2.対面のユウさんは3-6m本線だがイーシャンテンかもしれない
3.上家のperoさんはテンパイならソーズは全部危険

結局、リーチへの放銃だけは避けようと仕方なく切った6mで終了したわけですね。
今思えば4mあたりを切ればよかったのかもしれません。

その後に12000放銃もありましたが、それは勝負牌が捕まった仕方ない放銃だったのでそれほど
ショックはなかったのですが、この5200オリ打ちはちょっと悔しかったです。
ちなみに1sがワンチャンスですが、こういう手詰まりの時のワンチャンスやスジは相当危険です。

こうした牌譜検証は初めての経験ですが、ブログで書くとはまた違った面白さ・難しさがあるように
思います。色々な人の意見が聞けるのは非常にいい点ですが、それが同時に弱点とも
考えられる面もあり、色々と勉強になりました。

また開催される予定になっているそうなので、次回も是非参加してみたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。