スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤の待ち取り判断

今日は、序盤のうちのテンパイ時の待ちについて書いてみます。

下のような状況でテンパイしました。何を切ったらよいでしょうか。


20.jpg


普通にいくとpin3.gifpin4.gif 切りですよね。
要はリャンメン待ちにとるかシャンポン待ちに取るか、という話なのですが、この場合はドラ待ちに
なる
pin3.gif切りがいいと思います。

他家はタンピン気配というのも多少ありますが、序盤なのでできるだけ打点重視というのと、もしドラ
で待つことができるのであればドラ待ちにとるほうがいいというのがスカイネットの戦法(?)だからです。
(科学的な根拠は出せないですが、経験則で)

ドラだと当然他家からの出和了確率は低くなりますが、逆にこういう手牌でドラ待ちに取らなかった
ときにドラを引いてきたら最悪ですよね。赤入りでは常に赤牌を意識することが重要ですが、
赤なしなら常にドラを意識することが重要です。当たり前の話のようですが、この点をいつも意識
して打つことができる人は意外と少ないかもしれません。

これがもし和了がとにかく最優先とされるような場合には
pin4.gif切りを選択しますが、そういう時以外
はドラマチックに打ちたいところですw
あ、もし一般のフリー雀荘で、手中に赤があるならリャンメン待ちでいいと思いますよ。





21.jpg


一応結果をのせておくと、上家がドラを切ってくれて満貫になりました。(≧∇≦)
(よく見るとテンパイ直後に対面がpin5.gif を切ってますが気にしませんw)


結構、スカイネットはドラで待つのが好きなのでどれくらいドラ入りであがっているのかな、と思い
データを見てみました。(´・ω・`)


22.jpg

平均表ドラ使用率は42.75%。これって一般的な打ち手と比べてどうなんでしょうね。
自分ではかなりドラには執着してると思うんですけど・・・。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。