スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件があるときの判断

麻雀打ってると、必ずある条件を満たさないとあがれない(というかあがっても意味が無い)
場面ってありますよね。そんな時の判断について書いてみます。

例えば、オーラスで自分が3着、トップ目とは10000点離れているようなとき、どんな
ことを考えて手作りしていけばいいのでしょう。
そういうときは、skynetは「2つの偶然を満たせば順位が変わる」ようなところを狙って
打っていきます。

具体的には、
「リーチをかけて一発で出る」
「とにかくテンパって狙ったとこからのみあがる」
「リーチしてツモる」
「メンゼンでも仕掛けてもいいから高めをツモる」
などです。

「リーチして裏が乗ってしかもトップ目から出る」などはダメです。もちろんそんなにうまく
いくこともまれにはありますけど、ほぼないですw

ここで重要なのは、偶然に頼るのは現実的な線としては2つまで、というところです。
最初の例に挙げたような場面だと、別に無理してハネ満を狙う必要はなく、5200確定
の手作りをしてトップ直撃を狙うか、ツモ専で満貫の手を作ってみるとか、そんな感じの
狙いで進めていくといいかと思います。

それと、点差についてはわりとアバウトに考えてもOKだと思います。
細かく相手との点差を埋めるには何点が必要かなどを暗記するのもいいかもしれません
が、skynetのようにあまり頭がよくない人はそんなの無理なのでかなり適当に点差をみて
打ってます。だいたい点差の半分ちょっとを埋める打点を目指していけばたいてい
逆転可能な手になっていくはずですw

どうしてこんなことを書くのかというと、観戦していると結構条件を意識していない、あるい
は意識していてもなにやらズレてるなー、なんて思うプレーヤーが結構いるんですね。
そんな人が読んだら、「ふむふむ」と思ってもらえるようなことを何か書いてみようと
思ったわけですw

打ってる途中でリーチ棒が出たりとか、そういうこともよく起こりますが、だいたいの場合は
「2つの偶然までは結構起こりやすいw」と覚えておいていいと思います。

誰かの役に立ったかな・・・(^^;



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。