スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳とRON2の段位

Skynet二段(しつこい)はRON2と天鳳の経験(あとフリー雀荘20年くらい)があるのですが、
ちょっとそれぞれの違いについて感じてることを書いてみます。

RON2は最高段位は五段、天鳳は十段(天鳳位もあるけど)まであって、それぞれ段位獲得の
条件が違うので一概には比較検討できる代物じゃないんですけど、感覚的にはだいたい
RON2の初段≒天鳳の四段、RON2の五段≒天鳳の九段(十段)
、くらいの難易度なのかなー、と思ってます。

どっちも、そこそこ麻雀に慣れて普通の押し引き、牌効率をマスターしていれば、それぞれ
初段、四段くらいは普通にいけるんじゃないかな、と。

RON2では三段、天鳳では二段(笑)程度の実力のSkynetですが、まあRON2だと確変で
どうにか四段が目指せるかどうか、といったところが自分の実力なのかなー、なんて思います。
まじめに四段を目指す前にやめちゃったので実際はどうなのか分かりませんけど、そんなに
外れてもいないだろうと自分では思い込んでいるところですw

RON2の場合、短期間の平均順位が重要なので、天鳳に比べると実際の実力が段位に
反映されているかというと相当怪しいものがありますが、さすがにただのまぐれで五段までは
いけないだろうと思うのでRON2の五段は間違いのない実力者と考えていいのかもしれま
せん。まぐれでわりといけるのは三段までじゃないでしょうか。

天鳳だと、ある程度長期の成績が求められる上に、いわゆるチャオがあるのでRON2に比べれば
ずっと段位の実力指標としての信頼度は高いと言えると思いますが、上にいけばいくほど、ラス
回避に特化した打ち方が有効になってくるのが特徴ですね。これは主にオーラス二位のときと
三位のときの打ち方にかなり変化がでてきますよね。

話は変わりますが、フリーで実際に打ってそこそこの成績(場代払って一カ月収支とんとんくらい)
を目指すのなら、最低RONで三段くらいの実力が無いと厳しいんじゃないかと思います。
Skynetはピンの雀荘しか行ったことないですけど、たぶんそれくらいのレベルです。
ピンのフリーで場代込み勝ち越すのなら、四段以上の実力が欲しいところかなー?

実際、最盛期(?)にはSkynetもフリーでトータル勝ち組だった頃もあって、RON2参戦当初
は普通に四段いけるでしょ、くらいに思ってましたw
実際は三段でやっとだったわけですけど、瞬間的な幸運モードが入れば四段いけたかなー、
なんて思ってます(^^;

何が言いたいのかよく分からない文章になってしまいましたが、要するにSkynetは今フリー
に一カ月通ったら、確実に負けるだろう、ということですねw

なんかここ1,2年は特に弱くなった(下手になった)のを感じる毎日です。
頑張らなきゃー☆

スポンサーサイト

何切る問題

久しぶりに真面目な麻雀の話を。

とある麻雀ブログに、何切る問題がありました。以下のような問題です。


(状況)東場の親、7巡目。リーチする?

tehai.gif



これ、どうしますか?skynetは「赤なしルールなら即リー、赤入りルールならダマ」
にすると思うのですが・・・。

赤なしルールの場合、有効な手変わりが少ないので、先制7700以上確定リーチ
が強いかな、と。赤入りだと赤引きの手変わりがプラスされるので、ダマで様子見
するのもいいかな、なんて思います。

まあ点数状況とかも不明なのでちょっとそれ以上は
考えても仕方ないような気もしますが(^^;

(場況次第ではここからオリが正解のことだって考えられます)

ただ、この何切るで気になったのは、とある有名麻雀プロが「明らかにダマが
有利」と回答したことです。
「明らかにダマ有利」とする根拠がよく分かりません。この場況で明らかにどちら
が有利かなんて判断できるのでしょうか?プロなら明確な根拠を示してもらいたい
と思うのですが、どうなんでしょう。

また、この問題が載っていたブログでは、色々な意見が出ていましたが、その中に
「麻雀で確率なんて無意味」というような意見がありました。
私はこれは間違いだと思ってます。

麻雀は確率的に有利と思われる打牌が必ずしも好結果に結び付かないことが
非常に多い、だから確率で打牌選択するのはナンセンス、という考えの人が
時々いますが、私はそうは思いません。
確率的に有利な打牌を選択(判断)できるようになってから、それ以外の要素を
取り入れて打牌選択できるようになるべきじゃないでしょうか。
(ただ、それ(確率的な判断)さえも相当に難しいのが麻雀ですが)

昔からよくある論争ですけど、結局確率否定派の人たちの言い分は論理的に
筋道が通っていないことが多いし、印象論や(大してあてにならない)経験則の
域を超えていないものばかりなので参考にならないことが多いですね。

これは個人的な考えなので間違っているのかもしれませんが、とりあえずプロ
を名乗るのなら、打牌選択に明確かつ論理的な裏付けが欲しいです。
それができないのなら結局そのへんの自称上級者と全然変わりませんしw

あまり何切る問題とかは真剣に見ないしプロの意見などほとんど参考に
ならないのでどうでもいいといえばどうでもいい話なのですが、ちょっと
久しぶりに気になったので書いてみました・・。








複数ID

天鳳のほうでは複数ID(サブID)の是非についてなんだか盛り上がっているようなので
便乗してskynetも書いてみようと思います。

RON2にも複数のIDを使用している人はいますよね。以前はかなりの人が複数IDを登録
して打っていましたが最近は以前に比べると減っていると思います。以前は他人にID貸したり
とかしている人までいましたけど最近は減ってるのかな?

個人的には別に複数のIDを取得して打つこと自体は合法なので自由じゃないかと思って
います。もちろんそれを悪用して打つ(PC2台で通しなど)ことはダメですけど、純粋に
IDを別に登録して色々な打ち方を試してみたりすることは各人の自由じゃないでしょうか。

私自身、時間さえあればIDを2つ作ってそれぞれ赤入りと赤無しで打ってみたいという
気持ちもありますし、天鳳だとRON2など比べ物にならないくらい細かいデータが取れる
ので、打ち方やステージに応じたIDを用意してデータ収集に励むのも一つの楽しみ方
ですよねw

好調時のIDを保存して俺TUEEE!したい人はすればいいでしょうし、そういうのが気に入らない
という人はひとつのIDでひたすら打てばいと思いますね。
どう楽しもうがゲームの楽しみ方は人それぞれなので。

退会・入会を繰り返すのももちろん自由です。何度でもチャレンジしていいと思います。
たまたま確変で好成績を残して俺TUEEEするのもいいじゃないですかw
ただ、それをやった結果他人に批判されても受け入れる覚悟は持って欲しいとは思います。

skynetもたまに大したことないくせに俺TUEEE!してますけど、批判されても別に構わない
という気持ちでやっているので全然OKです。
まあ批判されるほど見に来る絶対数が無いだけなのかもしれませんけどね(^^;
最近打ってないしw

というわけで麻雀は基本的に個人プレーです。みんなそれぞれ自分が楽しめる遊び方で
打っていけばいいんじゃないでしょうか。(^-^)

自己分析

今日は今さらな気もしますが自分の麻雀のスタイルというか打ち筋についてQ&A方式で
考察してみようと思います。人それぞれ打ち方の特徴やスタイルは色々ありますが、自分の
打ち方を一度見直してみるのもたまにはいいと思います。


☆skynetさんに聞く麻雀の打ち筋コーナー☆

1.流れ派(アナログ)ですか?デジタル派ですか?
押し引き判断はデジタル。牌効率とかは時々アナログ(オカルト?)

2.リーチ判断は何を重視しますか?
基本は打点と上がりやすさ重視。上がりやすいと判断したら終盤愚形リーチでも躊躇しない。
あとはドラで待つのがかなり好きw

3.トップ重視?ラス回避重視?
基本的にトップ至上主義。でもオーラス3位のときは基本的にラス回避重視。

4.ネトマとリアルは違いますか?
同じだけどフリーの祝儀重視とネトマでは仕掛け判断がかなり違うと思う。
リアルで勝ってるけどネットで弱いという奴は信用できない。ネットで弱い奴は
絶対リアルでも弱い。

5.基本的なスタイルを一言で言うと?
「先制好形リーチドラ重視」

6.鳴き派?メンゼン派?
どっちとも言えない。鳴いてスピードアップと打点ダウンとのバランス重視。

7.麻雀が上手くなるには何が大事?
テーマを決めて練習すること。オカルトに走らずに再現性のある技術を学ぶこと。
ヘタなプロの言うことを真に受けないことw

8.ひっかけリーチとかってどう思う?
放銃するほうが悪いと思う。

9.東風戦と東南戦、得意なのは?
東南オンリーなので東風は弱いと思うw

10.自分の弱点だと思うことは?
深読みしすぎてヒヨることがあること(^^;


ざっと思いつきで10個挙げてみましたw
色々な考えがあると思いますが、このへんが自分の考え方になるのかなー。
もっと上手い打ち手になるとひょっとすると考えも変わってくるのかもしれませんね。

昔、麻雀を打ち始めた最初の頃は、特に鳴きは全然使ってなくて、手役重視のメンゼン派
だったような記憶があります。その後、フリーに行くようになって鳴きを多用するように
なりました。大きく変わったのはそのへんくらいで他はそんなに昔から変わってないように
思います。

今後何か大きく変化する部分があるのかもしれませんが、当面はこのスタイルでいける
とこまでいってみたいと思ってます。






ブログを書く意味

今はネット麻雀がすごく普及してて、多数の麻雀ブロガーが色々なスタイルでブログを
書いています。もちろん私も色々とブログを見るのですが、中には「面白いなーw」と思う
ところや「これはなかなか勉強になるね」と思うブログもある一方、全然面白くもなんとも
ないものもあったり、荒らしにいきたくなるようなところもありますw

人それぞれ自分が面白い、あるいは興味のあることを自分なりに書いていれば別に
構わないと思うので実際に荒らしたりとかはしませんけど、ついそういう嫌いなはずの
ところって結構見に行ってみたりしてしまうんですよね。不思議なものです。

さて、skynetがなぜこのつまらないブログを書いているかというと、ひとつはひまつぶし
と、あとは自分の麻雀の記録を何かの形で残しておくのもいいんじゃないかと思った
からです。だからこういう独り言的なものが多くなりがちですが、何かそのうち面白い
ことも書ければいいのかなー、と漠然と考えていますが今のところはそんなにいい
アイディアも思いつかないのでとりあえずこんな感じのまま続きそうです。

そういうスタンスなので、リンクもひとつしかないですし、宣伝も一切していません。
唯一、RON2のプロフ欄にアドレスを貼っているだけですw

宣伝して見に来る人が増えると、それはそれで面倒が増えてきそうだし、ブログを書くのが
義務のように感じてきそうでいやなんですよ。いっぱい見に来る人ができると交流の輪
が広がったりするのもいいのかもしれませんが、もともと人づきあいが上手い方じゃ
ないのと、個人プレーが好きな一人ぼっちタイプなので、あんまり知人が増えてくるの
はたぶん自分には向いていないと思っています(^^;

だから毎日数百人の閲覧者があるような人気麻雀ブログとかを運営している人
はすごいと思ってます。よほどひまがあって人づきあいが好きな人じゃないと
続かないんじゃないでしょうか。とてもマネできないですw

というわけで適当に書いているブログですが、細々とやっていく予定ですので
ひまつぶしにやってくる訪問者のみなさんにはこの退屈なエントリの連続のブログを
今後ともよろしくお願いしたいと思います。
あんまりいっぱい来てもらっても困りますけど、さすがに誰も来ないとそれも寂しい
ですからねーw

・・・結局人気出るのと誰も来ないのとどっちがいいのか自分でもよく分かりません(´д`)
(麻雀はドラが好きです。関係ないですけど)




| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。